文:株式会社 ビーンズ・ライフ 赤城 明広 氏

今年の冬は暖冬ですが、ここまで雪がないのは57年の人生で初めてです。

しかし年間の降水量は決まっていると聞いたことがありますので、今年も夏の大雨が心配です。
災害に備える防災グッズを準備しておきましょう。

 火災保険の今後

火災保険は水害等の支払い増加により、保険料が値上がり傾向にあります。
ハザードマップでご自分の住んでいる土地が、どんな傾向にあるのかを再度確認していきましょう。
また、保険期間が現在は最長10年まで加入できますが、今後期間短縮の検討もあり得ます。長期で入れる方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 〇住宅ローンと生命保険について

住宅ローンの借入をすると団体生命保険に加入します。

借入の割合が100%旦那様の場合、旦那様が万が一の場合住宅ローンの返済はなくなります。

しかし奥様と共有で割合が50:50の場合は、50%分の住宅ローンが残ってしまいます

また、働けなくなるような障害を負った場合や病気により働けなくなった場合は、旦那様の収入がない状態でも住宅ローンは残ってしまいます。
最近は三大疾病になった場合住宅ローンの支払いがなくなる契約もあるようです。

幸せの家を手に入れた以上いろんな想定をして生命保険を見直しておきましょう。

今は、保険料払込免除特約付きの生命保険もあるので検討してください。

 

更新日:2020年2月29日


赤城 明広(あかぎ あけひろ)氏

株式会社ビーンズ・ライフ 代表取締役。
損害保険トータルプランナー。
「あなた良し、わたし良し、地域良し」の「三方良し」を常に心掛けている。
西会津町出身。

関連記事

家コムからのお知らせ

ページ上部へ戻る